読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルサイユ風墓石

八年前父が他界し、お墓を購入しました。石は中国産の御影石です。中国産ということでちょっと不安だったのですが、業者さんによると、それが一番人気だということでした。現地に日本人の社員を派遣して、工場の管理なども日本式でやっているそうで、中国産の墓石はそれほど珍しくもないようです。

さまざまな価格、タイプの墓石をご紹介してくれて、とても親切な業者さんでした。しかし、お墓の形のことでは母と私で少しもめました。

父が亡くなって動転していたのもあるのでしょう。母は突然、業者さんのカタログにあった「ベルサイユ風墓石」にしたいと言い出したのです。横長で左右対称の宮殿のような墓石です。

父は昭和生まれ、ごく一般的な日本人のおじさんでしたので、それはあまりに突飛な思いつきに感じました。最初は冗談かと思ったのですが、なかなか考えを変えません。最終的には妹と私で説得して、ごく一般的な日本のお墓の形、縦長のものになりましたが、一時はどうなるかと思いました。

ベルサイユ風が悪いとは言いませんが、父には似合わないと今でも思います。母も現在では、普通の墓にしてよかったと言っています。墓地の代金と合わせて170万ほどになりました。

お寺なので、境内や仏像、鐘など、見ることができるのもありがたいです

五重塔が立っており、遠くからでも見ることができます。子供(父にとっては孫)もこの五重塔をとても気に入っています。ここは納骨堂になっていて、ここで供養をすることも検討しました。

敷地内には小さな池と小川があり、鯉を見ることができます。季節によっては蓮やボタンの花がきれいで、散歩がてらで出かけることができるのもうれしいです。仏像が並んでいて、水をかけることができる場所もあります。

ここも子供が喜ぶので、親としてはお墓参りのときにも機嫌よく過ごしてくれるので助かっています。お寺なので、境内や仏像、鐘など、見ることができるのもありがたいです。

私には宗教がなく、これからも何かを信仰することはないと思いますが、こうした施設に子供を連れて行く機会があるのはよいことだと考えています。

鐘つき堂では誰でも鐘をつくことができ、ちょっとしたことですが、子供にこうした体験をさせてあげられるのもうれしいことです。案内施設には常駐の方がいらっしゃって、ちょっとした話をして帰ると気が楽になります。

お寺の行事の案内が頻繁に行われる

お寺が経営する霊園なので、お寺の行事の案内が頻繁に届きます。春の花祭り、夏の地蔵盆、秋のお彼岸、大晦日には除夜の鐘をつくところを見学することができます。父の両親のお墓は公営墓地にありますので、こうした行事はほとんどといっていいほどありません。その点で、この霊園を選んでよかったと感じています。

お寺に通う機会も増え、子供にこうした行事を見せられることがうれしいです。私が子供の頃は、お墓参りというと、お墓に行ってお花を供えるくらいのものでした。子供心に退屈な行事でしたが、今は楽しく、また気軽に参加できるのが気に入っています。

イベント、といっては語弊があるかもしれませんが、にぎやかなことが好きだった父もきっと喜んでいるでしょう。線香やマッチなどは無料のものが常備してありますので、いつでも好きなときに立ち寄ってお墓参りができます。

お墓やお寺がこれほど身近になるなんて、お墓を建てるまで考えもしなかったことです。

大きな公園の散歩コースがお気に入り

住宅地の中にあるお墓ですが田舎ですので、周りには川があり、大きな公園があり、散歩コースとして、とても恵まれた立地にあります。公園はお年寄りが集まる行事が頻繁に開かれており、ウォーキングサークルに参加している母も、行事のたびにお墓参りにも出かけているようです。

また、公園には子供が遊べる遊戯施設や人工の池があり、お墓参りのあとにしっかり遊べるので、子供もお墓参りをいやがりません。これは親としてはとてもうれしいことです。お墓の池で鯉を見て、公園の池で水遊びを楽しんで、夏場はここで一日過ごすことができます。

もちろん、遊戯施設にはすべり台からアスレチック施設もあるので、一年通して楽しむことが可能です。スーパーも近いので、帰りに買い物をすませることもできます。父の両親のお墓は郊外にあり、お墓参りに出かけると、一日それでほかに何もすることができませんでした。

その点を考えると、住宅地の中にあるのはとても便利でありがたいことだと感じます。

車が運転出来なくても通える身近な場所がおすすめ

私の経験からすると、お墓は身近がよいとつくづく感じます。最初、母は遠方にある父の両親のお墓に一緒に納骨をするつもりでした。でもそこは、電車とバスを乗り継がなければ行けない郊外にあります。

車の運転ができない人には、通うのはとても大変な場所でした。しかし、車があったところで、そちらのお墓を選んでいたら、今ほど頻繁に通うことはなかったと思います。今、父のお墓があるお寺は、自転車でも通える近い場所にあり、ちょっとした用事のついでにお墓参りをすることができます。

お寺の行事があり、四季折々にお墓に顔を出すこともできます。故人もそのほうがうれしいのではないでしょうか。また、近くに自然や公園がある場所もおすすめです。お墓参りに出かけた後、しばらく自然の中を散歩して帰るというのは、精神的な充実感が得られてなかなかいいものです。

あとこれはまったく個人的な考えですが、古くからのお寺の霊園を選んだことに、私はとても満足しています。日本の古くからの習慣を、自然に子供に伝えることができるからです。お坊さんからお話していただくこともあります。

個人的なお墓のおすすめポイントは、身近、手軽、親しみやすさといったところです。