四季折々のお花が咲いている霊園

家で不幸があったのをきっかけにお墓を購入する事になりました。ちょうど近所には墓石を売っている業者が沢山ありましたので、近所の石材店を色々と巡って見てみたのですが、結局最終的にはオーソドックスな形をしたお墓を選びました。

最近ではおしゃれな形や少し変わった形のお墓もあるようですが、自分達が選んだのはお寺などに行くと大抵の人が建てているような普通の形です。お墓の値段は施工費込みで大体120万円程だったと思います。この他に霊園の永久借地料が100万単位でかかるかと思われますので、予算は余裕を見た方が良いと思います。

家のお墓がある霊園は石材店や施工業者の指定が無かったおかげで、石材店を選ぶ事が出来る余地があったので助かりました。知り合いの所は施工業者が霊園指定だったため、そこの業者の言い値でお墓を建てるしか無く、料金などについても比較する事すら出来なかったと言っています。

石材店はいくつか巡ってみましたが、石材がそのまま野ざらしになっていて屋根すら付いていない業者もありましたので、自分の目で見に行ってみることは大切だと実感しました。もちろん屋根付きの工房の中に石材が置かれていた所から購入しました。

四季折々のお花が咲いている霊園

霊園内で気に入っている施設というか、家のお墓が建っている霊園では非常に自然が豊かです。四季折々のお花が咲いています。春になれば桜、秋になれば紅葉したモミジなどがとてもきれいです。

また、お墓周辺のスペースに花壇のようなものもあり、ボランティアさんなどが時々ここにお花を植えています。こんなきれいな自然に囲まれて永眠できるのであれば悪くは無いかなと思わせてくれるような場所です。

また、自然が残されている場所にあるので山と隣接しており、この高低差を生かして滝みたいなものと池が作ってあります。水のせせらぎの音も聞こえてくるのでお墓参りに行くと妙に癒されます。お墓参りをする人も癒されるような良い場所です。

霊園内では木々や花々に溢れているにもかかわらず、きちんと充分な駐車場スペースがとられているのが素晴らしいです。法事や葬式などが多くなりがちな季節の変わり目などにお墓参りに行っても駐車できなかったということはありません。

霊園内の一部にセレモニーホール

この霊園ではお葬式の時に業者に依頼してセレモニーホールを借りなくても良いように、霊園内の一部にセレモニーホールが作られています。そこでお通夜やお葬式をする事が可能なので、自宅でお葬式をする必要も無いですし、他所のセレモニーホールを借りるよりも費用が安く済むので助かりました。

自宅でのお葬式は絶えず亡くなった家族の側にいてあげる事が出来るので悪くはないのですが、自宅だと法事の際のおもてなしも大変です。

葬式の時だけではなく四十九日や一周忌など、法事はしばらく続きます。その度に自宅を使うと準備や法事の後のおもてなしや片付けなどがとても大変です。しかしこの霊園では霊園のセレモニーホールで一周忌や四十九日の法要などを行う事が出来ますので、そこで読経をしてもらい、その後は近くの少し格式高い飲食店などを予約して食事をする位で済みます。

準備や片付けも故人の遺骨や位牌などを持って行き、祭壇に供物などを備えるだけでOKなのでとても手軽で身軽です。アパートやマンション住まいの人だけでなく、持ち家の人もこういった所を利用すると随分と葬儀や法事の負担が減らされると思います。

お墓参りがしやすい

霊園の周辺は自然が残されていますが、自然が残されているからといって不便な場所ではありません。

霊園周辺のみ自然が残されているといった環境です。そのため交通アクセスもとても良く、少し車を走らせれば近くにショッピングセンターやスーパーや花屋もあるので、そこに立ち寄ってお墓のためのお花を買う事が出来ます。

霊園自体は人為的に植えられているお花や桜・モミジの他、隣接している山の青々とした木々が広がっていてとても爽やかな気分にさせられます。

その霊園がある通りでは公共交通機関であるバスなどは通っていませんが、近くの通り沿いに出るとバスがありますから車が無い人も便利です。交通アクセスや周辺の環境などは良い割に、霊園自体は自然がたっぷりなのでとてもバランスがとれている霊園だと思います。近所に大きな公園があり、お休みの日になると多くの人が運動や散策などに訪れる場所でもあります。

公園や小さな山がある割には周辺の住環境が良いので民家もたくさんあります。そのためこの周辺に住んでいる人達の多くが霊園の利用者となっていますので、お墓参りがしやすいと喜ばれています。

 

霊園は出来るだけ自分の家から通いやすい所を利用するのがおすすめ

お墓は一度入ってしまうと色々なしがらみが生じます。後から後悔してお墓を移動したり、その霊園を利用するのをやめたいと思っても、自分一人の一存では決められなくなってしまうのです。

親戚・家族の反対でお墓をたたむ事が出来なかったり、お墓を別の霊園に移動させる際に数百万単位の多額の費用がかかってしまう事もあります。

かかる費用に関しても霊園で違いますし、環境やサービスなども違います。お墓の購入などを考えている場合には、少なくとも近所でお墓を持っている人達4~5人に霊園に対する口コミを聞いた方が良いでしょう。更にもう少し突っ込んで話しておくと、仏教の場合には位牌の位などが存在します。本人が亡くなったばかりの時に周囲から色々言われると、上から二番目に高い位にしてしまおうなどと思ってしまう事もありますが、安易に決めると大変な事になります。

中には永代供養を専門としている霊園もありますし、霊園の管理費用しかかからない霊園もありますが、少し格式高い霊園などに手を出すと、施設の増改築や修理の際に寄付という名の強制的な費用が発生する事もあります。その際は「位」によって寄付金の額が違ってきます。一番下の位ならば3万円で済んだのに、それ以上の位にしてしまったが為に6万円払わなければならなくなったという事もあるのです。

更に「位」は一度その位にしてしまったら下げる事は出来ません。例えばあるお家のおじいさんが無くなって高い位を付けると、その後に亡くなった人は皆高い位となります。おじいさん・お父さんの代に収入があったとしてもその先の子孫にまでお金があり続けるかと言えばそうでな無い可能性の方が高いです。お墓関連の事に関しては後に残される人の事も考えておかなければなりません。

霊園は出来るだけ自分の家から通いやすい所を利用するのがおすすめです。遠すぎると若いうちや運転が出来るうちは良いですが、歳をとった後にお墓参りがしにくくなってしまいます。