国産の本小松石のお墓

お墓を購入したのは今から1年前の夏頃です。
私の妹が亡くなり、事情があり新しくお墓を購入しました。

石の種類ですが、そこまで変わった色の石を使っていても、悪目立ちしてしまうかなと思ったのです。
そこで家族と相談をして、国産の本小松石(ほんこまついし)という種類に決めました。
これは日本国産の石で産地は神奈川県らしく、石の色は濃い灰色に少し緑がかっています。
石の模様自体があまりないのですが、つるんとした質感でとても綺麗なのです。

お墓の形ですが、これは和型墓石か洋型墓石かで迷いました。

でも妹はピアノを弾く事が大好きで、ヨーロッパにいつか行ってみたいと言っていたので、洋型墓石にしたのです。

デザイン墓石にして、よくある長方形の角ばったような形の墓石ではなく、角の丸くなった柔らかな曲線が綺麗なお墓にしました。
あまり角ばっていると何だか冷たい印象がするけれど、これなら女性らしい雰囲気が合っていいなと思ったのです。

お墓の値段は合計で250万程です。
そこまで広さは取っていないのですが、芝生区画である事や、墓石の種類とデザイン墓石である事で、このような値段となりました。

石材店の特徴として、とても親切丁寧であると感じました。
色んな石のパターンを見せてくれたり、水で濡れる事によって色が変わるという事まで教えてくれました。
デザインもこちらがこうしたいという希望を叶えてくれるような物を考えてくれて、とても良かったです。

とても明るい太陽が降り注ぐ霊園

霊園は横浜あおば霊苑、ここは南向きで、日中はとても明るい太陽が降り注ぎます。
公園墓地であり、芝生区画にお墓がある事から、季節を通して本当に気持ちが良い場所なんです。
お墓って暗くてじめじめとしていて、昼でも肌寒い気がして怖い場所だと思っていましたし、そういう所にしかお墓がないのだと思っていました。

でもこの霊園は本当に明るく開けていて、恐いとか、じめじめしているといったマイナスイメージとはかけ離れているのです。
霊園内には広い休憩スペースもありますから、お墓参りをした後等にもそこで休憩を取る事ができます。
妹は友達が多かったので、皆よくお参りに行ってくれているようで、一番妹と親しかった人にも「お墓がいつも明るくていい場所ですね」と言っていました。

こういった明るい場所にお墓がある事で、故人の生前の友人知人が集いやすいというのは、故人にとっても嬉しい事だと思います。
周りに咲くお花も、木々も本当に綺麗な場所なので自然が多い事がお気に入りです。

園内はバリアフリー化されています。
その為、車いすに乗っている祖父母も頻繁にお墓参りに来る事ができます。
お墓の道は玉砂利が敷かれている事が多くて、それだと足の不自由な人、特に車いすの人ですと、気軽に入る事ができないのです。
でもちゃんとそういった人の事も考えてくれている、という所が気に入りました。

管理スタッフがしっかり掃除をしてくれます

管理スタッフの人が常駐しているので、こちらがなかなか行けない時でもしっかりとお墓を掃除をしてくれています。

いつ行っても雑草が生えていない、ゴミが落ちていない、お墓が汚れていないというのは、こちらとしても嬉しい事です。

特に園内の芝生がいつも綺麗に管理されているので、こういう細かい所まで整備をしっかりしているのは素晴らしいサービスだと思いました。

売店もあり、そこでは生花の購入もできます。
線香も販売されているのですが、これは本当に助かります。

家から墓地までが結構遠いので、生花を買ってそこまで持って行くのは大変なんです。
萎れたり枯れたりしますし、途中で買うとなってもなかなか売っている所がありません。

でも売店が霊園内にある事で、手ぶらで行ってお花とお線香を現地で買って、手ぶらで帰って来れるのはとても有難いです。

休憩スペースもありますから、そこで売店で買った飲み物を飲みながら休憩も取れるのもいいなと思いました。

自然が豊かな環境

桜の木があるのですが、それが本当に美しいのです。
妹は桜が大好きだったので、春になるとそれは見事に色つく桜を喜んでいるだろうと思います。

そして他にも自然が豊かであり、夏は新緑が爽やかで、秋になれば紅葉も綺麗です。

横浜なので寒いと雪が降る事もあるのですが、そんな時も木に積もった雪が綺麗だなと感じます。

公園のように開けていて、南向きの墓地ですから、いつ行っても明るいのです。

明るくて自然がたっぷりあって、東屋もあるという事で、お墓参りに来ながら、ゆったり寛げる場所だなと感じます。

霊園近辺にはこどもの国があります。

こどもの国は、とても広い敷地に色んな遊ぶスペースがある所で、所謂大型公園です。

自然豊かで牧場もあるので、夏休みになるとやってくる親戚の子供達を連れて、お墓参りの後には皆でそこへ遊びに行きます。

子供はお墓参りを嫌がる子が多いと思いますが、後で楽しい場所へ行けるのならば喜んでお墓参りに行くのだと感じました。

そういった、小さい子の気を紛らわす事のできる場所が、近くにあるというのもいいなと思います。

霊園は値段と場所が決めて

霊園を選ぶ時は、値段と場所に注意して決めた方がいいと思います。

例えば霊園の種類によっても値段はピンからキリまであり、園庭高級霊園なんかだと、お墓も入れて500万前後はするでしょう。
そういった所はよりサービスも整っていますし、何よりお墓の雰囲気も良いのです。

あまりお金をかけたくないと思って安い霊園を選ぶと、何だか地盤が緩くて墓石が倒れやすかったり、掃除等のメンテナンスサービスがない事が多いのです。

ですから、多少お金がかかったとしても、綺麗で地盤もしっかりしていてサービスの良い所を選んだ方が、後々になって悔いる事がありません。

そして場所ですが、あまり遠い所の霊園にしてしまうと、行くまでが大変でなかなかお墓参りに行けなくなってしまいます。

ですから車を持っているなら片道30~1時間以内が理想的ですし、車がないなら電車で片道30分以内の所がいいと思います。

駅からバスに乗り継いで何時間もかからないといけない所もありますので、家から霊園までの時間はしっかり把握しておきましょう。

霊園を決める際は、まずは何といっても実際にその場に行って、どんな所なのか確認しておくとベストです。

資料だけを見ても解らない事もあるので、お墓をどの区画に置くのかという事も踏まえて事前に下見をしておきましょう。